ゼロ・エミッションの追及

VOC対策について

VOC抑制対策とは

 VOCとは、Volatile Organic Compounds 揮発性有機化合物の略語で、常温常圧で蒸発し空気中に容易に揮発する有機化合物質の総称です。
このVOCは、大気中に放出されると光化学反応によってオキシダントやSPM(浮遊粒子状物質)の発生源として関与し、VOCを原因とする大気汚染での人体に及ぼす影響が懸念されています。

わが国の大気汚染対策としては、自動車排ガス規制等でNOx(窒素酸化物)の規制はこれまで行なわれてきましたが、深刻な状況が続く大気汚染の現状から、近年、VOCの排出抑制対策にも目が向けれ、大気汚染の防止を図るため、VOCの固定排出源である工場・事業所からの排出抑制をはかるべく、大気汚染防止法の一部改正が行われました。これは規制と自主的取り組みのベストミックス政策とされています。規制については、規制対象施設の種類と規模を定める政令が2005年6月1日に施行され、また、排出基準値や届け出事項、測定方法などの政・省令が2005年6月10日に公布、2006年4月1日より施工されました。又、自主的取り組みの推進は業界の精力的活動によって進んでいます。

下記表に示されたVOC排出規制が必要な当該企業にとっては、規制をクリアするためには、なんらかの処理施設装置の導入・増強が欠かせずその具体的な対応が求められます。

具体的な対策方法としては、いくつかの方式が存在しVOC成分回収装置や排ガス燃焼処理装置など様々な方式が存在ますが、弊社では主に活性炭吸着法を用いた溶剤回収装置を製造販売致しております。

弊社のVOC処理装置(活性炭吸着溶剤回収装置)Takeシリーズの詳細についてはこちらをご覧下さい。

 

< 規制対象となるVOC排出施設および排出基準 >
VOC排出施設 規模条件 排出基準
VOCを溶剤として使用する化学製品製造の乾燥施設 送風機の送風能力が 600ppmC
3,000m3/h以上
塗装施設(吹き付け塗装) 自動車製造 送風機の送風能力が
10,000m3/h以上
既設700ppmC
既設400ppmC
その他 700ppmC
塗装の乾燥施設
(吹き付け塗装、電着塗装を除く)
木材・木製品製造 送風機の送風能力が
10,000m3/h以上
1,000ppmC
その他 600ppmC
印刷回路用銅張り積層板、粘着テープ・粘着シート、剥離紙、包装用紙(合成樹脂用)の製造での接着の乾燥施設 送風機の送風能力が
5,000m3/h以上
1,400ppmC
接着の乾燥施設(上記および木材・木製品製造を除く) 送風機の送風能力が
15,000m3/h以上
1,400ppmC
オフセット輪転印刷の乾燥施設 送風機の送風能力が
7,000m3/h以上
400ppmC
グラビア印刷の乾燥施設 送風機の送風能力が
27,000m3/h以上
700ppmC
工業製品の洗浄施設(乾燥施設を含む) 洗浄剤が空気に接する面の5m2以上 400ppmC
ガソリン、原油、ナフサその他の温度37.8度において蒸気圧が20kPaを超えるVOCの貯蔵タンク(密閉式および浮屋根式を除く) 1,000kl以上
(既設タンクについては容量2,000kl以上)
60,000ppmC

VOC対策についての詳しい情報は下記のVOC対策関連リンクをご参考下さい。

VOC対策関連リンク

活性炭吸着溶剤回収装置溶剤回収装置のしくみ導入までの流れ納入実績例|VOC対策について|溶剤削減補助設備(深冷くん)

HOME会社概要海外拠点個人情報保護方針お問い合わせサイトマップ


大和化学工業株式会社 〒551-0021 大阪市大正区南恩加島5丁目8番6号 TEL:06-6553-5673 FAX:06-6552-5618 [ MAP ]